カーテンの種類

福岡・佐賀のオーダーカーテン.net TOP > カーテンの種類

こんなにある!カーテンの種類

ドレープカーテン

ドレープカーテン

みなさんが普通「カーテン」と聞いて思い浮かべるのが、ドレープです。
細い糸を高密度で織り込んであり、やわらかく綺麗なひだができるのが特徴です。

ジャガード織りやプリントなど様々な種類がありデザインも豊富。

最近では、遮光性、断熱性、遮音性など、様々な性能を備えたものがあり、用途や目的に合わせて選べます。

  • (1)2倍ヒダ:横幅の2倍の生地を使ってたっぷりとヒダを寄せるスタイル。三っ山二倍ヒダと言われ一般的なドレープカーテンのスタイルです。
  • (2)1.5倍ヒダ:横幅の1.5倍の生地を使って作るスタイルです。キャラクターなど柄やプリントが見やすく仕上げたい時や2倍では予算が合わない時などに作ります。既成品はほぼ1.5倍ヒダが標準です。
  • (3)フラット:ヒダを取らないでまっすぐの状態に芯を貼りつけてフックを取り付けるスタイルです。あっさりと仕上がり、柄を生かしたいときやシンプルに仕上げたい時に用います。近年は人気です。カーテンレールの長さの1.3倍くらいでゆったりと作ります。
  • (4)タブスタイル:ハンドメイドのようなあたたかさを感じさせる吊り元は、ナチュラルなインテリアによく合います。タブの部分にマジックテープを取付脱着できるように仕上げるのが一般的です。
  • (5)ハトメ:生地にハトメ(鳩目)を打ち込み、レールに通すスタイル。生地本来の自然なドレープ感が楽しめます。ややモダンでカジュアルなイメージがお好きな方にお奨めです。

レースカーテン

レースカーテン

レースカーテンは「レース」という名のとおり、それ自体は透けていて、外から室内が見えてしまうのを防ぐ目的で使われます。

ドレープカーテンと組み合わせて使うのが一般的です。最近では「ミラーカーテン」と呼ばれる紫外線対策用のものもあり、室内に光を取り込みつつ紫外線を防げるようになっています。

そして、ミラーカーテンの大きな特徴は、レースなのに外から透けないことです。

但し、ミラーカーテンは裏面に鏡面加工が施されておりレース特有の優しいドレープが出にくくちょっと硬い感触です。 外よりお部屋の中が明るくなる夕方やお天気の悪い日でお部屋に照明が灯れば、ミラーカーテンであってもお部屋の中は見えてしまいます。全く見えない生地がご希望でしたらウエーブローンという生地もありますがこちらは、お部屋の中から外が見えませんので、用途や目的に合わせて選ばれること、又、実際に窓に当てて外から、中から透け方を確認されることをお勧めします。

ブラインド

ブラインド

カーテンと同じく窓の内側に付け、外からの視線を遮ったり、日光の差し込み量を調節するのに使われます。

最近では、インテリアの一部としてデザイン性に優れたスタイリッシュなブラインドが数多く登場しています。

カーテンに比べ、採光を自由にコントロールができるのが特徴ですが、ベイン(羽根)同士の間隔が空いているため、遮音性や断熱性においてはカーテンより劣り、ホコリが溜まりやすいのが弱点です。

ブラインドで人気は、天然木を使った木製ブラインド。こちらは天然の木を使用しておりますので熱伝導を遮りますので、夏等は体感温度はかなり違います。 又、その他、ニチベイさんより透明な樹脂にイラストをプリントされたブラインドなど個性的な商品開発もされ、店舗などにも人気です。

ブラインド

ブラインド

縦型ブラインド

縦型ブラインド

普通のブラインドは、横長のベイン(羽根)が縦に並んでいるのに対し、縦長のベインが横に並んでいるのが縦型ブラインドです。基本的な機能・用途はブラインドと変わりません

縦型ブラインドが適しているのは、高さのある大きな窓。
普通のブラインドだと全開するのに時間がかかり、巻き上げるほど重くなりますが、縦型ならヒモを引いて左右どちらかに寄せるだけなので、窓のサイズにかかわらず簡単に開閉できます。

縦型のブラインドといえば、以前は病院などに多く見られましたが、最近のハウスメーカーのモデルハウスには必ず一つは付いている程人気の商品です。生地によりナチュラルにもモダンに出来て、透かしのあるものや 抜きがあるものなどデザインも色も豊富です。又、厚地の羽根の間にレースの羽根を入れるセンターレースタイプなど使い勝手重視の工夫もこらされています。

ロールスクリーン

ロールスクリーン

プロジェクター用のスクリーンのような、ツルツルした生地のカーテンです。

本体に内蔵されているスプリングを利用し、ヒモやチェーンを引くことによって上下に開閉します。

プルコード式と呼ばれるものは、中央にヒモがあり、それを軽く引くと巻き取ることができます。チェーン式は左右どちらかにあるチェーンを引くことによって巻き取っていきます。

プリーツスクリーン

プリーツスクリーン

ロールスクリーンがツルツルした平面であるのに対し、プリーツスクリーンはギザギザのひだが入ったカーテンです。

スクリーンを巻き上げるとき、ロールスクリーンのようにクルクルと巻き上げられるのではなく、折り畳まれるように巻き上げられます。

イメージとしては、ブラインドとロールスクリーンの中間のような存在です。

プレーンシェード

プレーンシェード

一般的にカーテンと言えば左右に開閉するものを思い浮かべますが、プレーンシェードは左右どちらかにあるコードを引くことによって、上下に開閉するのが大きな特徴です。

全開の状態にすると、カーテンは天井付近にまとめられます。収納する際は、平行にパタパタと畳んでいくので、綺麗にまとまって部屋がすっきりと見えます。

ダブルシェード

ダブルシェード

プレーンシェードを2枚に重ねたカーテンがダブルシェードです。

2枚はそれぞれ独立して開閉でき、ドレープカーテンとレースカーテンのような役割を果たします。

2枚のシェードの開閉状態次第で様々なシルエットを表現できるため、デザイン面でも非常に優れており、最近では多くの家庭で選ばれています。

無料 お見積り&ご提案

↑PAGE TOP