オーダーカーテンの測り方

福岡・佐賀のオーダーカーテン.net TOP > オーダーカーテンの測り方

購入前にサイズを測ろう!

福岡・佐賀でオーダーカーテンの製作・施工を行う【ai&ai】(アイアイ)が、カーテンの測り方についてご説明します。

カーテンをオーダーするときは「サイズ」が重要です。こちらでは、基本的な採寸方法をご説明します。

当ショップでは、お客様のご要望があれば1窓から無料にて採寸にお伺いします。
もちろんお客様から「このサイズでつくってほしい」というご指定があれば、ご依頼通りにおつくりします。

事前に採寸していただければ、スムーズなお見積もりが可能です。

仕上がり巾の測り方

レールの長さを測ります。
レールのキャップストップ(レールカバー)の穴の中心から中心まで図ります。
ドレープカーテンもレースカーテンも測り方は同じです。

仕上がり巾(cm)=レールの長さ×1.05

総丈とカン下丈

総丈とは生地全体の長さ、カン下丈とはランナーの穴から生地の下までの長さです。
仕上がり丈は通常「カン下丈」を用います。

カン下丈の測り方

腰高窓の場合

キャップストップ(レールカバー)の穴から窓枠の下端までを測り、15~20cmプラスします。
ドレープとレースの二重吊りの場合、レースはドレープより1~2cm短くします。

ドレープ カン下丈(仕上がり丈)(cm)
=窓枠までの高さ+15~20cm

レース カン下丈(仕上がり丈)
=ドレープの仕上がり丈-1cm

掃出し窓の場合

キャップストップ(レールカバー)の穴から床面までの高さを測り、1cmマイナスします。
ドレープとレースの二重吊りの場合、レースはドレープより1~2cm短くします。

ドレープ カン下丈(仕上がり丈)(cm)
=床面までの高さ-1cm

レース カン下丈(仕上がり丈)
=ドレープの仕上がり丈-1cm

総丈の測り方

総丈は、カン下丈をもとに算出します。また、AフックとBフックでは出し方が違います。

Aフックの場合

カーテンレールが見える吊り方

ドレープ カン下丈(仕上がり丈)(cm)
=窓枠までの高さ+15~20cm

Bフックの場合

カーテンレールが見えない吊り方

総丈(仕上がり丈)(cm) =カン下丈+4cm

フックの種類

フックには、天井付けのAフックと正面付けのBフックがあります。

吊り下げ方

二重吊り

カーテンボックス

装飾+通常レール

無料 お見積り&ご提案

↑PAGE TOP