戸建新築施工例をもっと見る

一戸建て

福岡・佐賀のオーダーカーテン.net TOP > 一戸建て

施工事例~一戸建て~

Y様邸

Y様邸

”木の香りと暮らす家”
ふんだんに木を使われたお宅です。床は無垢材、腰壁、家具も一枚板から手作りで作られた民芸っぽい 暖かな家具です。

ご夫婦の年齢は、30代前半、まだ、お小さいお子様がお一人で、ご夫婦とお子様の三人家族でした。

選ばれたカーテンは、ピンクに近いオレンジの生地に、凹凸で木の葉が織り込まれています。 レースは当店オリジナル、全体にしわ加工がされていることで透けにくいクラッシュボイル生地。

Y様邸Y様邸

広いリビングダイニングに窓が4窓です。掃出し窓と腰高窓がサイズ違いで3窓あります。 一般的な住宅よりもちょっと多めでしょうか?
ナチュラルな木のテイストを壊さない木製のカーテンレールを選ばれました。
又、腰高窓、大きなほうにはカーテンとレース、小さな方にはダブルシェードが入りました。

リビングには、皮貼りのソファをお求めになられており、カーテン取付の日に家具も搬入されましたが、ソファが大きくて、サッシの窓ガラスを外して搬入されていました。

カーテンレールは、窓枠より10cm程度上に取り付けます。窓枠より上に付けることでカーテンの吊元からの光漏れを防ぎますし、折角の装飾レールがきれいに見えます。 窓を包むように左右と上を大きく作ることで、光漏れを防ぐとともに、外部からの 熱が伝わりにくくなります。

Y様邸は、玄関、廊下を挟んで右側にリビングダイニング、左側に和室という間取りになっています。 お客様をお迎えする際、通りからお宅を見る際、この両脇の掃出し窓はかなり重要です。 ご主人様がこだわられていたのは、和室の掃出し窓です。
リリカラさんの斜光2級のカーテンです。

Y様邸

Y様邸

窓の面積は、壁に続いて広いので、カーテンがもたらす雰囲気でお宅の印象が決まります。
お宅にカーテンを持って行って試してみる。
当店は、とても重要だと思っています。もちろん、カタログ゙からお選びになられるお客様も いらっしゃいますが、当店ではほとんどがご試着されて決定されていらっしゃいます。
カーテンはとても高いお買いものです。
イメージの食い違いを最小限に抑えるため、カーテンのご試着をお勧めします。

アイ&アイはここが違います

神埼市 O様邸

大和ハウスでご新築のお客様です。お知り合いのご紹介でご来店頂いたのですが、図面をもっていらしてませんでした。
あれこれお話をさせて頂いている内に、「まず見てよ」となり、お店からご新築の現場までその足で移動することとなりました。来店からその足で現調はけっこうあるお話ではあります。

まだまだお若いお二人と”はいはい”するくらいのお子様、3人家族です。

リビングに選ばれたカーテンはざっくりした生地に花束を手書きタッチで表現した北欧風のデザインです。

裾に30cmのボーダーを入れたコンビネーションスタイル。タッセルのお色はボーダーの茶色でアクセントを付けました。
柄を生かすように、吊元はフラットスタイルで、レールの幅の1.2倍の仕上がり寸法でゆったりとしたウエーヴが自然です。
フラットカーテンと二倍三山のカーテン、オーダーカーテンと言えばやはり後者で、しっかりと二倍のヒダをとり、きれいなドレープが出るカーテンの仕上げ方はオーソドックスで仕上げるととてもきれいです。
ですが、ヒダをとらない、ストンと布を吊り下げたイメージのフラットカーテンも生地によっては、個性的で若い方には人気です。
ダイニング側の腰高窓には、ダブルシェードをお勧めしました。
こちらも、同じ様に裾にボーダーを入れて、掃出し窓とあわせました。

リビング続きの和室には、プリーツスクリーンです。掃出し窓でしたら絶対ワンチェーンタイプをお勧めします。
価格は一番高いのですが、操作が解り易く、紐を直接手繰り寄せるコード式に比べて、故障も少ない優れものです。
だいたい、お店で現物をお見せして、コード式、ドラム式、チェーン式、ワンチェーン式とご説明すると、 ほとんどのお客様がワンチェーンで決めて行かれます。私たちの経験が、お客様に強くお勧めできる所以です。

さて最後にご寝室をご紹介します。
一面だけ濃い茶の壁紙が貼られており、こちらもどちらかと言うと北欧風の大柄ですね。
当店オリジナルのワンプライスカーテンで掃出し窓と横に長い高窓には、シングルでシェードを作りました。
モダンですがちょっとPOP、若いご夫婦らしい今風のオーダーカーテンです。

お子様は、まだお小さいので今回はカーテンレールだけを取付て、カーテンは手持ちの物でコストダウン。
私がいつも申し上げるのは、「カーテンレールだけは、しっかりしたメーカーの物を取り付けられることをお勧めします。
大切なお家に傷を付けて取り付ける物です。曲がったり、ランナーの滑りがわるかったり、ランナーが脱輪したりと、 問題が起きる場合があります。結局どんないいカーテンを吊っても、ランナーの滑りが悪ければ、 生地を強く引いたりして生地が傷みやすいし、ランナーが脱輪したりすれば、論外です。
だから、すぐに使わない部屋はレールだけ取り付けて、カーテンは量販店で買われたり、 手持ちでとりあえず済ませたりされて、大事なリビングなどにご予算を使われることをお勧めしています。

アイ&アイはここが違います

福岡市 A様邸

設計の段階からリビングの窓には、バーチカルブラインドを取付るご予定で、窓には抜きのカーテンボックスを作られていました。
合計6窓全てにバーチカルが取り付けられ、外から見た感じもかなりモダンなイメージです。

広い窓が印象的な、近代的なリビングという印象でした。
家具なども、真っ白な中に、ポイントで赤い革張りの食卓が配置され、施主様のセンスが引き立つお宅でした。 ご寝室には、シンプルで上質なカーテンとダブルシェード、お二人のお嬢様のお部屋には、ディズニーキャラクターのカーテン&レースを選ばれました。

施工後の写真

大野城市Y様邸

お客様のご要望は、シンプル。小窓にはシャープシェードと決めていらっしゃいました。 選ばれた白地のカーテンは、国産では最高級品でかなりお高い。シンプルモダンなカーテンレールに、通す形のハトメスタイルをお勧めしました。

又、タッセル(カーテンを束ねる物)は、ポイントでバイヤス使い仕上げました。真っ白のカーテンを真っ白のタッセルで止めより、おしゃれですよね。
あれこれ提案して、ある程度お任せ頂いたお施主様でしたが、「とても満足です」とのお言葉にほっとした現場でした。

施工後の写真

小城市M様邸

リビングから二階へ螺旋階段。5連の独立した窓は柔らかなアーチ型に配列されていました。 レースオンレースで、ふんわりとやわらかなカーテンを、クラシカルなアイアンの黒いレールに取付ました。

5連の窓には、セパレートフリル、リボンタッセルでより愛らしく。そして、存在感のあるカーテンホルダー、こちらにふわっと掛けた状態で持たせます。

施工後の写真

筑紫野市Y様邸

白を基調にされたリビング。猫足の家具を引き立たせるのは、クラシックな箱ヒダバランスとカーテンレース。 ファミリールームには裾にレースを施したロールスクリーン、書斎には、クラシックスタイルのブラインドを選ばれました。

お客様とお打合せをしながら、イメージを形にする、ぴったりとお客様のご希望により添って、期待以上の仕上げたいと思う現場でした。

施工後の写真

小郡市i様邸

木の香りがする、木をふんだんにつかっているお家でした。リビングには、フローリングから一段下がってテラコッタタイルを貼ってあり、暖炉がおいてあります。

暖炉の横にある外に続く観音開きの掃出し窓には、これまたナチュラルで清潔感あふれる白の生地に横に上がるシェードなのでブルーのラインを入れました。

又、フローリングにもある掃出し窓には、同じ生地で、今度はカーテンなので立てに動きますので、縦にストライプが入っています。
オーダーでしかできない、オリジナルのカーテンです。住まう方のライフスタイルが見えるようなお家です。
さりげなくインテリアを引き立たせる窓周りのコーディネイトです。

施工後の写真

佐賀市F様邸

とてもインテリアにこだわりがあられるお客様でした。はっきりとご希望のスタイル・イメージ・色まで決めておられました。

吹き抜けのリビングの掃出し窓には、ハコヒダのカーテンバランスをご希望でした。
どっしりと重厚感がありますが、実はカーテン生地は薄く、ヒダがきれいに出るものを選ばれました。

お客様との打合せは、かなり入念でたくさんのサンプルを取り寄せ、質感や色、厚みなどを検討され川島さんの生地を選ばれました。
ご予算とスタイル、スタッフと知恵を出し合いながら出来あがったお宅です。

施工後の写真

アイ&アイはここが違います

最近のカーテン施工事例はこちらから

無料 お見積り&ご提案

↑PAGE TOP